実は患者さんはこう思っています!

私は子供のころから健康で風邪などあまり引いた記憶もなくケガなどしたこともない元気だけが取り柄でした。結婚しても3人の子供を出産してもずっと仕事を正社員で続けて、出産後はみんな保育所にあずけて残業などや休日出勤もこなしながらがむしゃらに頑張って育児、家事、仕事と頑張ってきました。

 

しかし、いつも元気いっぱいだったのでみんなも100歳まで生きれるよとか言われるほど元気だったのです。そんな私がいきなり脳出血で倒れて危険な状態になったのは43歳の時でした。夜中に突然激しい頭痛に襲われて救急外来に駆け込んだのです。検査の結果脳内から出血していました。

 

人生初めての入院。しかもICUです。ドラマでよくみる処置室、検査室、何から何まで初めての経験でした。絶対安静の状態が続き再出血を起こせば死ぬ可能性もありました。寝た切りの状態も初めてです。尿管をつけられ紙おむつでした。初めて患者の立場になって感じたことは看護師さんや医師の方って本当に大変な激務だということです。

 

24時間体制ですしテキパキと働き少しの変化でも夜中でも対応してくださいました。今まで元気だったのでこんな現場に初めて遭遇したのです。おかげで無事退院できました。感謝の気持ちしかありません。

初めて病気になったのは脳出血でした関連ページ

皮膚科の病院

ホーム RSS購読 サイトマップ